INFORMATION

  新しい記事は、Mozilla Firefox 7.0(Windows)で表示確認を行なっています。 Firefox ブラウザ無料ダウンロード
  コメントお待ちしています。
 

2009/10/31

Information

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W14 @HOU
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W15 JAC
 

2009/10/28

Information

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W12 NYG
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W13 IND
 

2009/10/26

Information & Madden-05 Opening Movie (iii)

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W11 @PHI (i)
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W11 @PHI (ii)

Madden-05 Opening Movie (iii)


 

2009/10/24

Madden-05 Opening Movie (ii)

 


「ツザゲーム」と聞こえる。文字にすると 「It's in the game」。本場の発音は凄い....
 

2009/10/23

Information & Madden-05 Opening Movie (i)

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W10 BAL

今は「PS2」で「Madden NFL 2007」でプレイしています。(「2008」も持っていますが....)
その前は、「2005」で遊んでいました。



オープニングで流れるランダムビデオを、毎回楽しみにしていました。
そのオープニングビデオを掲載します。



次のビデオをお楽しみに....
 

2009/10/22

Information

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。
実際のプレイ画面を掲載。良い手段が見つかりました。必見(?)です。

 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W8 HOU (ii)
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W9 @JAC
 

2009/10/21

2009/10/19

2009/10/17

Information

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。こちら をご覧ください。
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W1 NYJ (ii)
 ・ Tasker"WR" : TEN '06 W2 @SD
 

2009/10/15

Information

 
「Super Star Mode」記事を更新しました。こちら をご覧ください。

携帯電話で撮った動画(.3G2 拡張子) が、そのまま Youtube にアップできることがわかったので、
動画が沢山(?) ある、華やかな記事が書けました。

何故、「Super Star Mode」 を始めたのか?
最近、肩が張って痛い。どうやら原因は、「Franchise Mode」。常に操作しているので、休む間がない。
「Super Star Mode」 なら、フィールドに出てない時は、操作しなくて良いので....

Maddenのやり過ぎには、注意しよう。
 

2009/10/14

Information

 
息抜きに 「Super Star Mode」 を始めました。
こちらの記事 もご覧ください。
 

2009/10/13

All Mad"GB" : '10 W16 @ARI

 
Arizona "QB"は、Matt Leinart (OVR=83)。"HB"も、OVR=85 とパッとしない。
この組合わせなら、ディフェンスは当然 「7 Men Rush」 である。
両"CB"は、OVR=90 と、Antrel Rolle (OVR=90) の強力布陣。パスを通すのは厳しそうだ。
-----------------------------------------------------------------------

強力"CB"を警戒して、1st-Seriesでは Cedric Humes のランを中心とした攻撃を敢行。
これが上手くいき、4分11秒をかけて、TDで先制点を上げる。Arizona "QB" Leinart は、
猛烈なプレッシャを浴びながらも、軽快なフットワークで身をかわしながら、パスを通してくる。
能力が劣る"HB"もスピードが速く、なかなか捕まらない。2Q早々に同点とされ、焦りが出たものの
2-TDs で突き放しに成功。思ったよりパスが簡単に通り、主導権を握ったかに思われたが....
21-7 で、Antrel Rolle に Kickoff Return TD を決められてから、試合が落ち着かなくなる。
さらにFGを決められるも、Green BayはTDを返し、28-17 で前半を折り返した。
3Q開始のKickoff Returnで、Green Bay Returner Jerome Mathis が Fumble Lost。これが
TDに結びつき、28-24。Green BayもすぐさまTDを返礼し、35-24 で3Q終了。
4Qも激しい点の取り合い。Green Bay "WR" Greg Jennings の Fumble Lost をきっかけに、TD(+2)
を奪われ 35-32 と迫られる。思わぬ苦戦で冷や汗をかいたが、Green Bayが立て続けに 3-TDs を
上げ、56-32 と一気に突き放し、試合を決した。
終わってみれば、Green Bay Total Offense=607yds, Pass=577yds と記録的であった。
------------------------------------------------------------------------
Weekly Awards - NFL/NFC Offense;
   
Rod Riddle(08D1) ; 37 of 46 for 584 Yards, 8 TDs
------------------------------------------------------------------------

尚、Rod Riddle(08D1) の Pass=584yds は、NFL Record である。
NFL Record & Fact Book の、Individual Records: Passing によると....

Individual Records: Passing (Records updated through the 2007 season)
Most Yards Gained, Game
 554  Norm Van Brocklin, Los Angeles vs. N.Y. Yanks, Sept. 28, 1951
 527  Warren Moon, Houston vs. Kansas City, Dec. 16, 1990
 522  Boomer Esiason, Arizona vs. Washington, Nov. 10, 1996


Passing Touchdown=8 も、NFL Record と思われる。

Most Touchdown Passes, Game
 7  Sid Luckman, Chi. Bears vs. N.Y. Giants, Nov. 14, 1943
  Adrian Burk, Philadelphia vs. Washington, Oct. 17, 1954
  George Blanda, Houston vs. N.Y. Titans, Nov. 19, 1961
  Y.A. Tittle, N.Y. Giants vs. Washington, Oct. 28, 1962
  Joe Kapp, Minnesota vs. Baltimore, Sept. 28, 1969
6  By many players. Last time:
    Tom Brady, New England vs. Miami, Oct. 21, 2007
------------------------------------------------------------------------

Green Bayは、12勝3敗で NFC首位を走る。2位は11勝4敗なので、次週勝利すれば、
自力で 「Home-Field Advantage」 が決まる。

2010
Week-16
12-3-0
6-9-0
GB
@ARI
Score
56
40
Total Offense
607
354
Rushing Yards
30
108
Passing Yards
577
246
First Downs
24
12
PR Yards
10
7
KR Yards
148
311
Turnover
2
2
3rd Down Conv
6-8(75%)
5-11(45%)
4th Down Conv
1-1(100%)
1-1(100%)
Penalties
0-0yds
2-23yds
Possession Time
15:08(63%)
8:52(37%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 158.3, 37/46(80%)-584yds, 8 TDs
----------
"HB" Cedric Humes ; 11car-22yds(2.0avg)
"HB" Jerious Norwood ; 1car-8yds(8.0avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 10rec-250yds(25.0avg), 2 TDs
"WR" Greg Jennings ; 10rec-163yds(16.3avg), 2 TDs
"WR" Larry Fitzgerald ; 10rec-122yds(12.2avg), 2 TDs
"WR" Andre Johnson ; 2rec-22yds(11.0avg)
"HB" Cedric Humes ; 4rec-21yds(5.2avg), 2 TDs
"FB" Justin Griffith ; 1rec-6yds(6.0avg)
----------
"CB" Devin Hester ; 3 Sacks, 1 Fumble-Force
"LOLB" James Anderson ; 2 Sacks
"RE" Kabeer Gbaja-Biamila ; 1 Sack
"MLB" Jonathan Vilma ; 1 Sack
"CB" Will Blackmon ; 1 Sack
"CB" Ahmad Carroll ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Riddle(08D1) の Rating=158.333.... は「満点」。これ以上は出しようがない。
Over100yds Receive が3人....
  Lewis(07D6) は、今期7回目。今期通算 1716yds。
  Fitzgerald は、今期3回目。今期通算 801yds。
  Jennings は、今期初。今期通算 988yds。
Hester は、2試合連続Multi-Sack。今期19個目。
Anderson は、今期9度目の Multi-Sack。今期31個目。14試合連続サック中。
Carroll のインターセプトは、今期7個目。
 

2009/10/12

All Mad"GB" : '10 W15 @NYG

 
New York Giants の"QB"は、OVR=84。"HB" Deuce McAllister であるが、OVR=87 とすでに
ピークは過ぎている。この攻撃陣では、ここまで3勝10敗の成績もしかたがないところ。
両"CB"は、OVR=90+86 と、まずまずの布陣。インターセプトは要注意である。
-----------------------------------------------------------------------

Giants "QB"能力が劣るので、迷わず 「7-Rush」 で猛烈にプレッシャをかける作戦。
短めのパスは通されるが、サックを奪うことを優先させ、主導権を敵に渡さない。
しかし、Green Bay得意のパス攻撃は、Giants守備システムの前に苦戦。
  ※ ゾーン守備主体のチームには、分が悪い。特に Flat Zone を守られるとつらい。
なかなか得点を奪えず、3-3 と膠着状態で前半を終えた。
ようやく、3Qにタッチダウンパスが通り、4Qには、Riddle のスクランブルTDで、点差を広げた。
その後、GiantsにTDを返されるも、最後はタッチダウン(Fumble Receive TD ; Humes こぼした
ボールを、自分でリカバー。) を決めて逃げ切った。
Giantsに Pass=240yds を許したが、10-Sacksを浴びせ、相手攻撃を支配下におくことができた。
------------------------------------------------------------------------
Weekly Awards - NFC Offense;
   
Rod Riddle(08D1) ; 17 of 31 for 190 Yards, 1TD
                   1 Carry - 0 Yards, 1 TD
------------------------------------------------------------------------

Green Bayが勝ち、Chicagoが負けたので、地区優勝が決まった。
現在、NFCでも一位を走っている。「Home-Field Advantage」 を狙いたい。

2010
Week-15
11-3-0
3-11-0
GB
@NYG
Score
24
10
Total Offense
254
277
Rushing Yards
64
37
Passing Yards
190
240
First Downs
14
12
PR Yards
13
3
KR Yards
40
89
Turnover
0
1
3rd Down Conv
2-8(25%)
1-8(12%)
4th Down Conv
0-1(0%)
1-2(50%)
Penalties
0-0yds
0-0yds
Possession Time
13:19(55%)
10:41(45%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 84.0, 17/31(54%)-190yds, 1 TD
----------
"HB" Cedric Humes ; 16car-64yds(4.0avg), 1 TD, 2 Fumbles
"QB" Rod Riddle(08D1) ; 1car-0yds(0.0avg), 1 TD
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 4rec-54yds(13.5avg)
"WR" Greg Jennings ; 3rec-41yds(13.6avg), 1 TD
"WR" Andre Johnson ; 3rec-41yds(13.6avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 3rec-33yds(11.0avg)
"HB" Cedric Humes ; 3rec-14yds(4.6avg)
"TE" Bubba Franks ; 1rec-7yds(7.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 4 Sacks
"CB" Devin Hester ; 3 Sacks
"CB" Will Blackmon ; 1 Sack, 1 Fumble-Force
"MLB" Jonathan Vilma ; 1 Sack
"ROLB" A.J. Hawk ; 1 Sack
"MLB" Nick Barnett ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Rod Riddle(08D1) が、キャリア初の Rushing TD を記録。
Humes は、64yds と粘り強い走りで勝利に貢献。
Anderson は、今期8度目の Multi-Sack。12試合連続サック。今期29個目で、昨年を超えた。
Hester は、久し振りにサックを記録。今期16個目。
 

2009/10/11

All Mad"GB" : '10 W14 TB

 
雪が舞うLambeau Field。超満員の観客が詰め掛けた。恥ずかしい試合を見せるわけにはいかない。

Tampa Bay "QB"は、Eli Manning (OVR=90)。"HB"は OVR=92 となかなかの布陣である。
"CB"は Franchise "ARI" で馴染みのある、Eric Green (OVR=88) と、OVR=88 の両名。
まずまずのメンバで油断できない。
-----------------------------------------------------------------------

「7-Rush」のプレッシャが効き、前半に5-Sacksを奪うなど、パス攻撃を無効化。Green Bayが主導権を
握るかと思われたが、Tampa Bayの強力ラン攻撃 80yds/57yds TD Run などで苦戦となった。
3Qにはここまで抑えきっていた、Eli Manning に一発TDパスを通され 24-24 の同点とされる。
4Q開始早々、Green BayはTDで 31-24 とリードを奪う。そのまま逃げ切りを狙ったが、ラン攻撃が
止まらずジリジリと後退。残り1:45で同点に追いつかれてしまった。しかし最後は、落ち着いたドライブ。
ランとパスを絡めて、着実に前進 & 時間コントロール。残り1秒でTime-out。サヨナラFGで勝利。
-----------------------------------------------------------------------

Green Bayは 10勝3敗でNFC North 1位。2位は8勝5敗でChicago となっている。
残り3試合となり、地区優勝に大きく前進。

2010
Week-14
4-9-0
10-3-0
TB
@GB
Score
31
34
Total Offense
313
443
Rushing Yards
227
60
Passing Yards
86
383
First Downs
8
19
PR Yards
0
15
KR Yards
105
122
Turnover
1
2
3rd Down Conv
4-8(50%)
2-6(33%)
4th Down Conv
0-0
0-0
Penalties
0-0yds
0-0yds
Possession Time
9:04(38%)
14:56(62%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 123.2, 30/37(81%)-383yds, 4 TDs, 2 INTs
----------
"HB" Cedric Humes ; 14car-61yds(4.3avg), 1 Fumble
"HB" Jerious Norwood ; 1car-▲1yds(▲1.0avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 8rec-103yds(12.8avg), 1 TD
"WR" Andre Johnson ; 5rec-90yds(18.0avg), 1 TD
"HB" Cedric Humes ; 8rec-73yds(9.1avg), 2 TDs
"WR" Greg Jennings ; 5rec-70yds(14.0avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 3rec-44yds(14.6avg)
"FB" Justin Griffith ; 1rec-3yds(3.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 2 Sacks
"ROLB" A.J. Hawk ; 2 Sacks
"MLB" Nick Barnett ; 1 Sack
"CB" Ahmad Carroll ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Riddle(08D1) のパス成功率81%は今期最高を更新。300yds超は、今期6回目である。
Humes は、Average=4.3yds と安定感を見せた。レシーブも 73yds/2TD と大活躍。
Lewis(07D6) の、100yds超は今期6回目。
Anderson は、今期7度目の Multi-Sack。11試合連続サック中。
Hawk は、2度目のMulti-Sackで、今期8個目。
Carroll のインターセプトは、今期6個目。
 

2009/10/10

All Mad"GB" : '10 W13 BUF

 
先週首位に立ち、今週は「地固め」といきたいところである。
Buffalo "QB"は、OVR=91 Chad Pennington。"HB"は OVR=92 Willis McGahee と強力布陣。
先週のChicagoも強力であったが、「7-Rush」 の積極策が功を奏した。今週もその策を採用する。
一方、両"CB"は、OVR=88+82 と若干弱目。得意の 「パス中心オフェンス」 となるであろう。
-----------------------------------------------------------------------

Green Bayは、「7-Rush」で攻撃をしのぎ、Riddle(08D1) のパスが良く決まって、20-0 とリード。
前半終了前に、Buffaloに 70yds TD Pass を決められたものの、20-7 で前半を折り返した。
楽勝ムードであったが、そのタッチダウンをきっかけに、流れがBuffaloに移ってしまう。
1FG/1TD を奪われ、20-17 と点差が無くなってしまった。「7-Rush」の副作用(?)で、ラン攻撃は
粉砕できたが、短目のパスを次々と通され、ペースを奪われてしまった。3点差に迫られた4Qは
"LB"又は"DL"を「Hook」に下げて、「6-Rush 2-Hook 3-Deep」で対抗。これがうまくいった。
Green Bayは試合終了までに2-TDを上げ、粘るBuffaloを振り切ることに成功した。

2010
Week-13
5-7-0
9-3-0
BUF
@GB
Score
17
34
Total Offense
271
341
Rushing Yards
40
33
Passing Yards
231
308
First Downs
11
16
PR Yards
0
4
KR Yards
44
74
Turnover
1
2
3rd Down Conv
3-10(30%)
5-9(55%)
4th Down Conv
0-1(0%)
0-0
Penalties
2-17yds
1-5yds
Possession Time
9:16(39%)
14:44(61%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 118.2, 27/35(77%)-316yds, 4 TDs, 2 INTs
----------
"HB" Cedric Humes ; 9car-21yds(2.3avg)
"HB" Jerious Norwood ; 5car-16yds(3.2avg)
"HB" Matt Shields(08D6) ; 1car-▲4yds(▲4.0avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 8rec-121yds(15.1avg)
"WR" Greg Jennings ; 6rec-83yds(13.8avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 5rec-66yds(13.1avg), 1 TD
"WR" Andre Johnson ; 3rec-36yds(12.0avg)
"HB" Cedric Humes ; 3rec-8yds(2.6avg), 3 TDs
"TE" Bubba Franks ; 1rec-1yds(1.0avg)
"FB" Justin Griffith ; 1rec-1yds(1.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 3 Sacks
"DT" Cullen Jenkins ; 1 Sack
"CB" Ahmad Carroll ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Riddle(08D1) の300yds超は、今期5回目。パス成功率77%は今期最高。
Humes は、ゴール直前でのタッチダウンパス要員か? Week-11に続き、Receive TD=3。
Lewis(07D6) の、Over100yds は今期5回目。Receive=1309yds となった。
Anderson は、今期6度目の Multi-Sack。10試合連続サック中。
Carroll は、今期5個目のインターセプト。
 

2009/10/09

All Mad"GB" : '10 W12 @CHI

 
今週は、NFC North首位攻防戦。Gree Bay/Chicago とも、7勝3敗である。
前回は、Week-7 で対戦。Green Bayが 「ミス連発」 で自滅している。今回は負けられない。

Chicagoは "QB" Philip Rivers (OVR=90)、"HB" Cedric Benson (OVR=92) と強力オフェンス。
前回は140ydsも走られ、敗因の一つとなった。ランディフェンスが鍵を握る。
両"CB"は、OVR=91+91 と 前回対戦よりグレードアップ。パスを通すのは厳しそうである。
-----------------------------------------------------------------------

普通にやっていてはやられると思い、とことん 「7-Rush」 で猛烈にプレッシャをかける。
「4-Deep」 では、ショートパスに対して無防備なので、Safety 一人を 「Hook Zone」 に配した。
それがうまくいき、パス攻撃を完全に掌握。僅か58ydsに抑えた。「7-Rush」 の効果か、ラン守備も
好調。再三ロスタックルをお見舞し、こちらも28ydsに抑え込んだ。
Green Bay攻撃は、得意のパスが不調であったが、Cedric Humes が奮起し、試合の流れを掴む。
0-TD/4-FG と地味な攻撃であったが、Chicagoを 1-FG に抑え、勝利をものにした。
とにかく、7-Sacks/1-INT と守備が素晴らしかった。
Green Bayは、今期初めて首位に立った。
-----------------------------------------------------------------------

Week-12終了時点での、NFL Sack Ranking は以下の通り。

   
Rank

Sack

Team

Position

Name


#1

20

GB

LOLB

James Anderson

#2

15

CIN

RE

Derrick Burgess

#3

14

PIT

LOLB

-


#4

13

GB

CB

Devin Hester

#5

11

OAK

LOLB

Tully Banta-Cain

"LOLB"が、3人ランクインしているのが面白い。
James Anderson は、'07~'09; 22,19,27 で「3年連続サック王」。今年も狙えそうだ。
Devin Hester は、昨年も20-Sacks。ほぼ、同じペースである。


2010
Week-12
8-3-0
7-4-0
GB
@CHI
Score
12
3
Total Offense
223
86
Rushing Yards
96
28
Passing Yards
127
58
First Downs
15
4
PR Yards
13
0
KR Yards
40
61
Turnover
0
1
3rd Down Conv
7-12(58%)
2-7(28%)
4th Down Conv
0-1(0%)
0-1(0%)
Penalties
0-0yds
0-0yds
Possession Time
18:52(79%)
5:08(21%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 76.7, 13/22(59%)-134yds
----------
"HB" Cedric Humes ; 23car-81yds(3.5avg)
"HB" Jerious Norwood ; 4car-10yds(2.5avg)
"HB" Matt Shields(08D6) ; 1car-5yds(5.0avg)
----------
"WR" Larry Fitzgerald ; 4rec-51yds(12.7avg)
"WR" Greg Jennings ; 4rec-44yds(11.0avg)
"FB" Justin Griffith ; 3rec-26yds(8.6avg)
"WR" Andre Johnson ; 1rec-7yds(7.0avg)
"TE" Bubba Franks ; 1rec-6yds(6.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 4 Sacks
"CB" Will Blackmon ; 2 Sacks
"ROLB" A.J. Hawk ; 1 Sack
"SS" Nick Collins ; 1 INT
"CB" Richard Marshall ; 1 Fumble-Force
------------------------------------------------------------------------
Humes が、今期一番の出来で81yds。3人の"HB"、揃い踏み。
Anderson は、サックを量産で20個目。今期5度目の Multi-Sack。9試合連続サック中。
Blackmon は、遅まきながら今期初サック。Hawk は今期6個目のサック。
Collins のインターセプトは、今期2個目。
 

2009/10/07

All Mad"GB" : '10 W11 DET

 
Detroit "HB"は、OVR=99 Larry Johnson が君臨。止めるのは困難と予想する。
"QB"は、OVR=88の"1st-QB"が、7-Weeksの負傷で欠場。OVR=83が代わりに出場する。
やはり、ラン攻撃中心で組み立ててくるだろう。
両"CB"は、OVR=85+80 と弱い。今週も Riddle(08D1) が爆発する予感がする。
-----------------------------------------------------------------------

1Qに呆気なくGreen Bayが先制のTDを上げる。しかし、次の最初のプレイで Larry Johnson に、
「80yds TD Run」を決められ、あっという間に同点に追いつかれてしまった。
さらに、Riddle(08D1) の悪い癖が出て、Intercept Return TD で逆転を許してしまう。
2Qは、気を引き締めて攻撃。Humes の 2-Receive TD で逆転。21-14 で前半を折り返した。
Green Bayは、完全にDetroit Offenseを掌握。得点を許す雰囲気はなかったが、またもや
INT Return TD を献上し、同点とされてしまった。思っても見ない「同点劇」にヒヤッとしたが、
4Qに、Humes のこの日3つ目のTD Receptionが出て、再びリードを奪い辛くも逃げ切った。
インターセプトが、勝負の行方に大きく影響することを、再認識した試合であった。
------------------------------------------------------------------------

Rod Riddle(08D1) が、Pass=10,000yds を超えた。(08D1) が示すように、2008年のドラフト1位。
3年目の途中で、大台に達した。(純粋に自分が「操作」し、獲得したヤードである。これは嬉しい。)

Rod Riddle(08D1) ; Career Stats
  Year, Rating, Yds, TD, INT, Pass%
  2008, 68.5, 3529yds, 28TDs, 25INTs, 46.8%
  2009, 83.5, 3849yds, 29TDs, 16INTs, 56.7%
  2010(~W11), 90.8, 2937yds, 23TDs, 12INTs, 61.6%
 -------------------------------------------------------------
  42Games, 80.4, 10315yds, 80TDs, 53INTs, 54.6%

彼は、1年目の開幕戦から先発出場。当初 「荒削り」 の部分があったが、順調に成長。
今や OVR=95超 となり、NFLを代表する"QB"になってきた。
昨年は、Most valuable player of the year(NFC), Quarterback of the year(NFL/NFC) を獲得。
Pro Bowl にも選ばれている。「NFL Icon」が付くのが待ち遠しい。

2010
Week-11
4-6-0
7-3-0
DET
@GB
Score
21
28
Total Offense
193
444
Rushing Yards
131
61
Passing Yards
62
383
First Downs
6
25
PR Yards
8
4
KR Yards
78
87
Turnover
3
4
3rd Down Conv
0-8(0%)
5-8(62%)
4th Down Conv
1-2(50%)
1-1(100%)
Penalties
2-30yds
1-5yds
Possession Time
7:32(31%)
16:28(69%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 94.2, 37/52(71%)-390yds, 4 TDs, 3 INTs
----------
"HB" Cedric Humes ; 11car-61yds(5.5avg), 1 Fumble(1 Lost)
----------
"WR" Larry Fitzgerald ; 9rec-121yds(13.4avg)
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 7rec-86yds(12.2avg)
"WR" Greg Jennings ; 8rec-71yds(8.8avg), 1 TD
"WR" Andre Johnson ; 4rec-59yds(14.7avg)
"HB" Cedric Humes ; 8rec-40yds(5.0avg), 3 TDs
"TE" Bubba Franks ; 1rec-13yds(13.0avg)
----------
"ROLB" A.J. Hawk ; 3 Sacks, 1 Fumble-Force
"LOLB" James Anderson ; 1 Sack, 1 Fumble-Force
"CB" Devin Hester ; 1 Sack
"CB" Richard Marshall ; 1 INT
"DT" Ryan Pickett ; 1 Fumble-Receive
"DT" Cullen Jenkins ; 1 Fumble-Receive
------------------------------------------------------------------------
Riddle(08D1) は、Pass=390yds/4TDs と先週に引続き爆発。しかし 4-INTs と脆さも相変わらず。
Humes は、Run Average=5.5yds と久々の活躍。Receive TD=3 はCareer-High。
Fitzgerald は、今期2回目の Over100yds。
Hawk の、3-Sacks は記憶にない。今期6個目。
Anderson は、連続試合サックを 「8」 に伸ばした
Marshall の、Interceptionは今期2個目。
 

All Mad"GB" : '10 W10 MIN

 
ここまで1勝7敗と絶不調の、Minnesotaと今期2回目の対戦。
前回はWeek-3で対決。「7-Rush 4-Deep」で猛烈にプレッシャをかけ、8-Sacksを奪った。
今回も同じ作戦を採用。Minnesota "QB"はOVR=78と能力が劣っているので、当然の策である。
"HB"はOVR=82と若干能力不足である。両"CB"は、共にOVR=91と強力。前回対戦では2-INTs
を喫し、試合を縺れさせただけに、厳重な注意が必要である。
-----------------------------------------------------------------------

序盤から、Pass-Rushが冴えに冴え、Sackの洗礼を与え主導権を握る。
1Qに2TDをあげ、14-0 とリードする。そのまま「楽勝か」と、その油断が混迷を招く。
2Qに、Fumble Return TD / Intercept Return TD を奪われるなど、前半を 17-17 としてしまった。
Minnesotaのランは好調で、100yds超を記録されるなど、ラン守備は厳しい状況。
3Qには、とうとう逆転のTDを喫し、事態は深刻化。
その苦境を救ったのは、Riddle(08D1) → Lewis(07D6) のホットライン。これが266ydsをたたき出し、
4Qの逆転劇につながった。
「All-Madden」のインターセプトは怖い。かなりの確率で Return TD となってしまう。
------------------------------------------------------------------------
Weekly Awards - NFC Defense;
   
James Anderson ; 6 Tackles, 5 Sacks, 1 Fumble Forced
------------------------------------------------------------------------

2010
Week-10
1-8-0
6-3-0
MIN
@GB
Score
24
31
Total Offense
129
433
Rushing Yards
115
15
Passing Yards
14
418
First Downs
11
16
PR Yards
0
19
KR Yards
137
96
Turnover
1
3
3rd Down Conv
5-11(45%)
5-9(55%)
4th Down Conv
0-1(0%)
0-0
Penalties
0-0yds
1-0yds
Possession Time
11:17(47%)
12:43(53%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 108.0, 26/42(61%)-428yds, 4 TDs, 2 INTs
----------
"HB" Cedric Humes ; 7car-15yds(2.1avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 12rec-266yds(22.1avg), 2 TDs
"WR" Greg Jennings ; 6rec-74yds(12.3avg), 2 TDs
"HB" Cedric Humes ; 3rec-30yds(10.0avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 2rec-26yds(13.0avg)
"WR" Andre Johnson ; 2rec-19yds(9.5avg)
"TE" Bubba Franks ; 1rec-13yds(13.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 5 Sacks, 1 Fumble-Force
"MLB" Jonathan Vilma ; 2 Sacks
"CB" Devin Hester ; 1 Sack
"CB" Ahmad Carroll ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Riddle(08D1) は、Pass=400yds超え。'08-Wk16に554ydsを記録して以来、キャリア2回目。
Lewis(07D6) は、Receive=266yds(Career-High)。早くも1000yds超。現在、2000ydsペース。
Anderson は、5-Sacksと量産。今期4度目の Multi-Sack。7試合連続サック中。
Vilma のMulti-Sackは記憶にない。
Carroll は、2試合連続Interception。今期4個目。
 

2009/10/06

All Mad"GB" : '10 W9 @WAS

 
ここまでGreen Bayは5勝2敗。対戦のWashingtonも5勝3敗と、好調同士の対戦である。
Washington "QB"は、OVR=97 Jake Delhomme。"HB"は控えの OVR=78 が先発。OVR=94の
"Ace-HB" Clinton Portis が、2-Weeksの怪我で出場不能なのが嬉しい。
両"CB"は、OVR=92+89 とシッカリしている。
ラン攻撃はあまり強力でないので、パス攻撃中心と予想。しかし、無理なBlitzは効きそうにないので、
先週のNew England戦同様、7-Rushは控えめにしようと思う。5/6-Rushで、"QB"にプレッシャをかけ
パスミスを誘えればラッキーである。
-----------------------------------------------------------------------

その「ラッキー」が起きた。前半に3-Interceptionsを奪い、明らかにGreen Bay有利な展開となる
はずだったが、1TD/1FGを奪うに留まった上、Intercept Return TDを献上するなど、
攻撃に決め手を欠いた。Green Bay守備陣は、パスの対応は素晴らしかったものの、ラン守備が
破綻。"2nd-HB"が止まらない(163ydsも走られた)。前半を 10-21 で折り返し、劣勢となった。
後半、Washington "QB" Delhomme が、「Out for game」で離脱。その影響で、Washingtonの
得点が全く伸びない。その状況下、Green Bayは反撃に転じ、3Qに10点を返し1点差に迫る。
しかし、反撃もここまで。最後は駄目押しとなるFGを決められ、4点差で敗戦した。
Green Bayは、"WR" Carnell Lewis(07D6) へのパスが良く通ったものの、最後の詰めが甘かった。
------------------------------------------------------------------------

Green Bayは5勝3敗で、シーズン前半を折り返した。
NFC North首位は、6勝2敗でChicago。Week-7の直接対決で負けたのが痛い。

2010
Week-9
5-3-0
6-3-0
GB
@WAS
Score
20
24
Total Offense
289
319
Rushing Yards
12
163
Passing Yards
277
156
First Downs
11
17
PR Yards
0
14
KR Yards
60
43
Turnover
2
4
3rd Down Conv
0-9(0%)
5-10(50%)
4th Down Conv
1-2(50%)
0-0
Penalties
0-0yds
1-28yds
Possession Time
11:02(46%)
12:58(54%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 72.4, 16/40(40%)-295yds, 2 TDs, 1 INT
----------
"HB" Cedric Humes ; 7car-12yds(1.7avg), 1 Fumble(1 Lost)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 6rec-170yds(28.3avg)
"WR" Greg Jennings ; 5rec-66yds(13.1avg), 2 TDs
"WR" Andre Johnson ; 2rec-34yds(17.0avg)
"TE" Bubba Franks ; 1rec-17yds(17.0avg)
"FB" Justin Griffith ; 1rec-4yds(4.0avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 1rec-4yds(4.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 2 Sacks
"ROLB" A.J. Hawk ; 1 Sack, 1 Fumble-Force
"CB" Devin Hester ; 1 Sack
"MLB" Nick Barnett ; 2 INTs
"CB" Ahmad Carroll ; 1 INT
"DT" Ryan Pickett ; 1 Fumble-Receive
------------------------------------------------------------------------
Humes は、Average=1.7ydsと完全に抑えられた上に、今期3個目のFumble-Lostを献上。
Lewis(07D6) は、今期3回目の Over100yds-Receive。
Anderson は、今期3回目のMulti-Sack。6試合連続サック中。
Barnett が、2-Interceptionsを記録。
 

2009/10/02

All Mad"GB" : '10 W8 @NE (Monday Night)

 
今期2度目の Monday Night。相手はここまで5勝1敗と好調な、New England である。
OVR=86の"1st-HB"が8-Weeksの故障で離脱。しかし、"2nd-HB"もOVR=85とほとんど差はない。
何と言っても、New Englandの「顔」は OVR=99 の "QB" Tom Brady である。
彼のパスを防ぐのは、相当な困難が予想される。失点をカバーするために、Green Bay得意の
パス攻撃に期待がかかるが、New Englandの両"CB"は、共にOVR=93と能力が高い。
先週負けているので、是非勝ちたいところであるが、この状況では厳しい。
-----------------------------------------------------------------------

1QにTDを喫し、呆気なく先制点を許す。その後の苦しい展開を覚悟した。
しかし、Green Bayは1Q終了間際に、同点に追いつく。
OVR=99の"QB"が相手なので、「7-Rush 4-Deep」 などの無理なBlitzは控え目。
Man to ManやZone Defenseなど、ノーマルな守備隊形も織り交ぜながら、5-Rush/6-Rush 中心の
ディフェンスを展開した。それが功を奏し、2Q~4Q を無失点で乗り切った。
攻撃陣は、爆発力を発揮できなかったが、地味な攻撃で確実に加点。
強敵、New Englandに13点差で勝利した。 ※ このような「地味な試合」が好みである。
------------------------------------------------------------------------
"SNICKERS" Player of the Game ;
   Richard Marshall ; 3 Tackles, 1 Interception
------------------------------------------------------------------------

2010
Week-8
5-2-0
5-2-0
GB
@NE
Score
20
7
Total Offense
209
200
Rushing Yards
74
48
Passing Yards
135
152
First Downs
11
10
PR Yards
15
7
KR Yards
38
56
Turnover
0
1
3rd Down Conv
3-8(37%)
2-7(28%)
4th Down Conv
0-0
0-1(0%)
Penalties
1-17yds
1-10yds
Possession Time
16:24(68%)
7:36(32%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 113.6, 12/17(70%)-135yds, 1 TD
----------
"HB" Cedric Humes ; 23car-63yds(2.7avg), 1 TD
"HB" Jerious Norwood ; 2car-7yds(3.5avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 5rec-63yds(12.5avg), 1 TD
"WR" Greg Jennings ; 2rec-41yds(20.5avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 1rec-9yds(9.0avg)
"WR" Andre Johnson ; 1rec-7yds(7.0avg)
"FB" Justin Griffith ; 1rec-4yds(4.0avg)
"HB" Cedric Humes ; 1rec-2yds(2.0avg)
"TE" Bubba Franks ; 1rec-0yds(0.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 1 Sack
"RE" Kabeer Gbaja-Biamila ; 1 Sack
"DT" Ryan Pickett ; 1 Sack
"CB" Richard Marshall ; 1 INT
------------------------------------------------------------------------
Anderson は、5試合連続サック。
Marshall は、今期初のインターセプト。
 

2009/10/01

All Mad"GB" : '10 W7 CHI

 
Chicagoは "QB" Philip Rivers (OVR=90)、"HB" Cedric Benson (OVR=90) と強力オフェンス。
両"CB"は、OVR=91+82 と "2nd-CB"の能力が若干劣る。
強力ディフェンスの印象が強いChicagoであるが、Brian Urlacher がいない。
違う印象のチームになっているのかもしれない。
とにかく、同地区同士の戦い。負けられない。
-----------------------------------------------------------------------

今日の Lambeau Field は小雨。その影響があったのか、Green Bayはミスを連発した。
 ・ 最初の攻撃シリーズで、Carnell Lewis(07D6) がFumble-Lostし、先制点のチャンスを逃す。
 ・ 2Q:7-7 の同点。敵陣深く攻込み逆転チャンス。しかし、Rod Riddle(08D1) がINTを喫する。
 ・ 4Q:10-14 の場面。エンドゾーン間際まで攻込まれていたが、Nick Collins が Fumbleを誘発。
    しかし味方が拾えきれず、エンドゾーンにコロコロと.... それをリカバーされ、Touch-Down。
 ・ 4Q:18-21 と迫った直後、Billy Cundiff が Kickoff を、外に出してしまいペナルティ。
    結局、FGを決められ 18-24 と点差を拡げられる。
 ・ 直後の Kickoff Return で、Jerome Mathis が 痛恨のFumble-Lost。与えた攻撃権で
    駄目押しの Touch-Downを奪われる。
これだけミスが出れば、勝てるはずもない。
Green Bayは、Chicagoに地区首位を明け渡した。

2010
Week-7
5-2-0
4-2-0
CHI
@GB
Score
32
18
Total Offense
260
334
Rushing Yards
140
36
Passing Yards
120
298
First Downs
11
17
PR Yards
6
0
KR Yards
69
156
Turnover
0
3
3rd Down Conv
2-7(28%)
6-12(50%)
4th Down Conv
0-0
0-1(0%)
Penalties
0-0yds
2-36yds
Possession Time
10:46(36%)
17:50(64%)

"QB" Rod Riddle(08D1) ; 75.2, 26/50(52%)-298yds, 2 TDs, 1 INT
----------
"HB" Cedric Humes ; 7car-36yds(5.1avg)
----------
"WR" Carnell Lewis(07D6) ; 12rec-157yds(13.0avg), 2 TDs
"WR" Greg Jennings ; 5rec-59yds(11.7avg)
"WR" Larry Fitzgerald ; 5rec-48yds(9.5avg)
"WR" Andre Johnson ; 3rec-31yds(10.3avg)
"FB" Justin Griffith ; 1rec-3yds(3.0avg)
----------
"LOLB" James Anderson ; 2 Sacks
"CB" Devin Hester ; 1 Sack
"SS" Nick Collins ; 1 Fumble-Force
------------------------------------------------------------------------
Humes は、Run Average=5.1yds。しかし走る機会が少なく、距離を稼げなかった。
Lewis(07D6) は、今期2度目の Over100yds。年間1600ydsペース。
Anderson は、今期2度目の Multi-Sack。4試合連続サック中。